FC2ブログ
□  2007.11 □  10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
11/25 やっぱり砂辺・・・
アカメハゼ1  アカメハゼ2


またまたアカメハゼです
やっぱりカワイ~な~
2匹に増えてました
写真を見て気付いたンですが、目の上は黒いんですね。

ネジリン ヒレナガネジリンボウです。
 肝心の背鰭が切れちゃいました。。。
 センスねぇなぁ~。オレ



ちっちぇ~ ピンボケで申し訳無いのですが、ニセアカホシカクレエビです。
 体長1cm程でしょうか?
 いっぱい居ましたよ!



ミカヅキコモンエビ ¥ミカヅキコモンエビっす
 触覚(?)の先が、羽状になってるんですね。



バブルコーラルシュリンプ まぁ普通のバブルコーラルシュリンプです。
 なんか撮って欲しそうにゴソゴソと出てきたので。



サビウツボ サビウツボです。
 『ヌメッ』とした感が何とも言えないウツボですね。
 は作り物のようです。



他にはカスリハゼ・シマオリハゼ・オニハゼ・オドリハゼなどなど
ガーデンイールも5ニョロ出てました


この日は風の影響でボートが慶良間に行けなかったらしく、
船が集結してました。
水中も人が多かったですね。
透明度はかなり良かったです。

寒いので、相方はこの日で『潜り納め』だそうです

水温は24°。
まぁ寒いけど、冬眠に入る程じゃないですな。
陸に上がってからが寒いです。
お湯と羽織るものは必携ですよッ!!
スポンサーサイト



2007.11.26(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
¥エビだす¥
11/23 砂辺のエビ編です。
まぁ「エビ編」という程大層なモンじゃございませんが・・・

イソカクレエビ属の1種 図鑑によると『イソカクレエビ属の1種』となっておりました。
 お腹に見えるのは卵
 多分初めて見ました
 特徴的で派手ではありませんが、キレーなエビですね
 


イソギンチャクモエビ すっごく普通種のイソギンチャクモエビだす。
 通称『シャチホコ』
 これでもかッってくらいエビ反ってます。
 ボケボケですが、右下に居るのは同種のチビちゃんです。



ソリハシコモンエビ 先日も載せたソリハシコモンエビ
 この日は中層をシャワシャワっと漂ってたんで、
 撮りにくいったらありゃしねぇ
 クリーニングしてるトコを撮ってみたいなぁ



ミカヅキコモンエビ ミカヅキコモンエビッス
 「居る」とは聞いてたんですが、見つけられずに。。。
 良く探せば「あッこんなトコに・・・」って感じで普通に居ました
 名前の由来にもなっている、目の間から口の先に伸びた黄色い線が特徴的です。



この日は、魚も含め撮りたいモノがバッチリ(一応?)撮れたンで、大満足な一日でしたッ

あとはオシャレカクレエビ・アカホシカクレエビなど

ダイビング(海の中)って楽しいですな~
2007.11.25(Sun)  エビカニCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
11/23 いつもの砂辺・・・
11/23は『いつもの』砂辺でふ。。。
もうすっかり『いつもの』と言う感じになってしまいました。
じっくりと観察出来たり、撮れたりするんで楽しいんだけど。
1本目は80分位潜ってたし。。。


黒クマノミ 先日も載せた『黒クマノミ』ッス
 相変わらず渋いなぁ
 素朴な疑問だが、ノーマルクマノミがこのイソギンチャクに
 流れ着くと黒Verに変わるのかなぁ



シマオリハゼ シマオリハゼです。
 泥質の場所にいます。
 シンプルでキレーなんだけど、鰭が地味なんでブログの
 ネタとしてはイマイチでしょうか



正面から 根性の座ったオトメハゼが居たんで、真っ向勝負しましたッ
 イヤ~逃げませんなぁ
 結果はドローってトコでした。
 また挑戦しに行きます。超ドアップを撮るまで。



アカメハゼ2 アカメハゼで~すッ
 前から見たかったコですが、本島ビーチでは諦めてました。。。
 最近真栄田に居るとの話を聞いたのですが、海況が悪くて行けず
 来年までおあずけかなと思ってたンですが
まさか砂辺で逢えるとは~~
うれすぃ~~
カワイ~な~体はこんなに透明なのにがクリクリでピンクだなんて
ラブリ~でございます
久々に水中で叫びました
このコは非常にイイコで、がヘタクソな俺の為にず~っと同じトコに居てくれました


モンツキカエルウオ モンツキカエルウオです。
 結構見たことはあるのですが、を撮る機会が無くて
 撮りたいなぁと探していた魚です。
 あんま可愛く撮れなかったんで、もっと可愛く撮れる様に
 再チャレンジします。



黒ジョーは家出中?でしたが、オイランヨウジウオ・オドリハゼ・オニハゼ・カスリハゼ・
などなど居ましたよ~


水温は25℃ッ
寒くなりましたねぇ~
25℃になると体感温度が一気に下がった気がします。
俺は5mmワンピのみでしたが、周りの方々は5mm+フードベストの方もちらほらと。
海から上がった後はお湯が必要です。
2007.11.24(Sat)  ダイビングCOMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
11/11 また砂辺・・・
11/11は「深場ハゼ」とのリクエストだったので、万座近辺でボートダイブの予定でしたが、
前日の段階で「多分ムリ」との連絡が・・・

真栄田もムリだし、ゴリチョは遠いしということでまたまた砂辺へッ!!

1本目は昨日と同じハゼ探索コースへ。
今日は黒ジョーも居てくれました。まだまだミニサイズでした。

ネジリン・カスリハゼ・ガーデンイール・オランウータンクラブなどなど

沖縄型クマノミ この『沖縄型クマノミ』は「イボハタゴイソギンチャク」という
 イソギンチャクと共生タイプらしい。
 通常のクマノミと違い黒いッ!!
 この固体は尾鰭はかすかに黄色いものの、体は完全に黒。
 渋くて意外に好きかも


ソリハシコモンエビ ソリハシコモンエビです。
 岩穴の奥に居て、魚のクリーニングをするエビとしてお馴染み。
 暗いトコに居るし、透明なので見つけにくいんだけど。
 今後はもっと上手く撮れる様カンバリます。。。



こうして師匠をガイドするという緊張状態からよーやく開放されたのでした。

一応楽しんで頂けたみたいで良かったッス
今度は『深場ハゼ』行ける時期に来てくださいね~

しっかし良く飲んだなぁ・・・
2007.11.14(Wed)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
11/10 真栄田&砂辺
11/10(土)は真栄田が大丈夫そうだったので、ガンバッて行って来ましたよ~

私のダイビングなど色々な面での師匠が来沖してくれたので、師匠をガイドするハメに・・・

緊張しましたねぇ

まぁ一応合格点を頂けましたッ

まずはリクエストのハゼ砂地へ。

定番のヤシャ・ネジリン・ホタテを満喫してガレ場へ。
ジョーを探したんですが居ない・・・

他の魚もイロイロ探したんですが、「オッ!!」と思うようなモノは居らず・・・

水面でグルクマとグルクンの群れが居たのはキレーでしたが。

師匠の友人が『ツバメウオ』のリクエストだったのですが、居ない。。。。。
何故。。。
最近ホントいなくなったよなぁ。「名物」だったのは今は昔って感じですねぇ

最後はサメの恐怖もあり、早々にエギジット

1本で真栄田は満喫したらしいので、砂辺に移動しました。
最近は砂辺を潜っていたので、ある程度狙った通りのモノを見せられました

カケレクマノミ・沖縄型クマノミ・ヒレナガネジリンボウ・オニハゼ・ガーデンイール・
オシャレカクレエビ・ニセアカホシカクレエビ・イソギンチャクモエビ・バブルコーラルシュリンプ・
オイランヨウジx3固体などなど

ネジリン♪   オイランヨウジウオx3


満足して頂けたみたいで、安心しました

透明度は砂辺の砂地では5m程度でしょうか。。。
水温は26℃
ボチボチ5mmスーツがいいのでは?って感じです。
2007.11.13(Tue)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
11/4 砂辺
すっかり秋っぽくなった沖縄です。

11/4はまたまた砂辺に行ってきましたよ。


北風ビュービューで真栄田はNGだし。。。

カスリハゼ これは泥っぽいトコに居る『カスリハゼ』です。
 やっぱり工事の影響なのかなぁ?
 かなり泥化してますね。。。
 全体的には地味ですが、背鰭の青がキレーです。



オニハゼ 『オニハゼ』ですな。
 だいぶにも慣れてきたのか
 ソコソコ寄らせてくれるようになりましたね。



アオイソハゼ 『アオイソハゼ』というらしい・・・
 今までも見てはいると思うんだけど、
 この手は全て「イソハゼ類」と勝手に纏めてしまっていた
 「アカ」いのに「アオイソ」とはこれ如何に??



目 砂地に居た『モンダルマガレイ』のでございます。
 撮ってはみたものの、結構キモイですな。。。


オイランヨウジ尾鰭 先週とのは別個体ですが、「オイランヨウジ」です。
 全体は撮りにくい場所に居たし、ウネウネと良く動くコだったので
 尾鰭のみで。。。
 オイランヨウジは何かに擬態してるのかな?



カスリヘビギンポ   クレナイニセスズメ 

 悪そ~な顔ですなぁ~
 ㊧が「カスリヘビギンポ」で㊨が「クレナイニセスズメ」です。
 水中で見るとキレーな魚なんですが、どうしても・・・ゴメンナサイ・・・
 撮り方が悪いせいですね・・・



ハチマキダテハゼ   クロホシハゼyg

 ㊧「ハチマキダテハゼ&共生エビ」㊨「クロホシハゼyg」です。
 クロホシハゼは非常に臆病なんで、なかなか撮らせてくれません。
 チビちゃんだったからか、たまたま寄らせてくれました
 両種ともに、見た目の特徴がそのまんま名前になっています。



ケヘッ♪ これはヒナギンポかヤイトギンポと思われますが、
 良く分かりません。。。
 『ケヘッ』てな感じで笑って居そうでカワイー


雪の結晶1   雪の結晶2

 たまにはこんなのも撮ってみました。
 雪の結晶みたいでキレイですなぁ




噂のガーデンイール(3ニョロ)・ヒレナガネジリンボウ・ツマジロオコゼのチビなどもいましたよッ

黒ジョーの巣穴はあるんだけど、住人はいないのかなぁ・・・

水温は26℃でした。
寒くはありませんが、5mmに変えました
2007.11.05(Mon)  ダイビングCOMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin