FC2ブログ
□  2008.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
8/17 真栄田


ホムラハゼ~


居たぁ~~~~~~~~~~~!!!!!!! ヽ(*´∀`)ノ 

5月の初旬に「居る」という情報を聞いてから、探すこと3ヶ月半。

やっと見ることが出来ましたぁぁぁ!!!!!

1本目は息をひそめ、粘ること40分。
またダメか・・・・・┐('~`;)┌ と思ったその時。
何か派手な物体が一瞬動いたので視線をやると。。。。。

『焔鯊じゃぁ~!!!』

存在を認識してから姿を消すまで、その間わずか1.5秒くらいだったでしょうか。
あの胸鰭・背鰭。
しっかりと見えましたッ!!!
が、写真は撮れる訳もなく・・・・・(´;ω;`)

その後も粘ったのですが、それ以降姿を現すこともなくExit。

いや~感動しましたね~\(^o^)/

2本目で何とかその姿を収めることが出来ました。
それが冒頭の(証拠)写真です。
ピントが・・・・等々イロイロありますが、とりあえず撮れただけでもOKッス!!!!

1本目よりは長い間姿を現してくれていたのですが、私の腕ではこんなモンです。。。。

思っていたより小さいし、ピョコピョコと動き回るんで撮りにくい。
暗くてピント合わないし。。。。

あんなに小さく細い魚とは思いませんでした。

途中から相方も呼んで、堪能して頂きました。

ちゃんとした写真は今度ガンバリます。

リングアイジョーフィッシュ  カメンカクレエビ  黒プク


まぁこんなんも居たよってことで。

感動の1日となりました ヽ(*´∀`)ノ 
スポンサーサイト



2008.08.19(Tue)  ダイビングCOMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
8/15 真栄田
お盆の最終日はウークイ。
御先祖様をあの世へお送りする日です。

しかし真栄田へ。

イイ天気 天気もイイし、透明度もサイコーでした(・∀・)
 これは砂地(-35m)から撮ったモノ。
 水面から砂地まで見えましたよ!

イロブダイyg   オドリハゼyg 
 見つけるとついつい撮ってしまうイロブダイygとオドリハゼygです。
 カワイ~コ達です(*´∀`*)

タテジマヤッコ♂  アカメハゼ  アカメハゼyg

㊧から「タテジマヤッコ♂」「アカメハゼ」「アカメハゼyg」です。
アカメハゼが分かりやす~いトコに居ました!
チビも一杯居たので、このまま増えてくれるとイイですなぁヽ(´ー`)ノ

Trimma sp.7? これはベニハゼ属1種の『Trimma sp.7』でしょうか???
 う~ん。。。。よく分かりませんなぁ。。。
 詳しい方、教えて下さい。

カメンカクレエビ   コシオリエビ

「カメンカクレエビ」と「コシオリエビの仲間?」です。
コシオリエビの仲間だとは思うのですが、詳細は良く分かりませんです。。。

ところで「コシオリエビ」は『エビ』と名前が付いているものの、
「エビ」でも「カニ」でも無いそうです。
どちらかと言うと、「ヤドカリ」に近いそうだが、かと言ってヤドカリでも無いそうだ。

ほんじゃいったい何だ訳?と言うと『異尾類』に分類されるらしい。
この「異尾類」には、ヤドカリ・タラバガニなどが居るとのこと。

勉強になりますなぁ~(´-`).。oO 

まぁこの日も例によって発見には至らずだったんですが、チョットしたアクシデントが。

ターゲットライトを購入したのですが、使用2日目にして紛失してしまいました。。。(ノ_・。) 

相方には罵られ、知人にも笑われ・・・・・・

8/15に真栄田で
『Sプロ NOVA LEDライト・ホットシュー・ライト固定用の白い取り付け金具』
を拾った方は御一報をお願い致します。

オレの代わりにグソー(あの世)に行ってしまったのでしょうか。
ウークイの日に海に行くモンじゃないと言う教訓ですな。。。。。

水温は29℃。
3mmで十分でせう。
2008.08.18(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
8/14 砂辺
旧盆のナカヌヒ(中日)にあたるこの日。
ホントは良くないのであろうが(引っ張られるので)海に繰り出しました。

砂辺です。

ムリはせず、の~んびりと散策。

ネジリン1  ネジリン2  コトブキテッポウエビ

毎度お馴染みの「ネジリン」です。
個体数が増えてました。

オニハゼ1   オニハゼ2

これまたお馴染みの「オニハゼ」です。
これまた至る所におりました。

ハチマッキー 「ハチマキダテハゼ」です。
 和名の「ハチマキ」は、頭部にある線を「鉢巻き」に見立てたもの。


なんか地味~な内容でスンマセン。。。。。。。( ・(ェ)・)
2008.08.18(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
8/3 今日こそは・・・・・
またまたやって参りました。

いつもの真栄田です。
楽しいからいいんですが。。。

ネジリン  オドリハゼ  ハタタテハゼ

まずはハゼ3種。
㊧から「ネジリン」「オドリン」「ハタタッテー」です。(正式な和名に非ず)

オドリンとエビのバランスが悪いですが、エビが巨大なのではなく、
オドリンがミニサイズなのです!
が、度胸満点!!逃げません。

でも蟻と象のような感じなので、エビがお家修復の為に砂を掻き出すと『ガァ~』っと一緒に
押し出されていました。
それはそれで何か微笑ましかったですよヽ(*´∀`)ノ 

オヨギベニハゼ1   オヨギベニハゼ2

『オヨギベニハゼ』と思います。
穴を何気なく見てると、アオギハゼygに混じって微妙に異なる種が。
コレでした。

㊧は写真としてはダメダメですが、腹鰭がキレーだったモンで。
まだ若魚なのか第一背鰭は伸びていません。
成長が楽しみです(・∀・)

クレナイニセスズメ  ハナヒゲウツボ  コクハンアラ

㊧から「クレナイニセスズメ」「ハナヒゲウツボyg」「コクハンアラ」です。
クレナイニセスズメは何回撮ってもカワイク撮れません・・・・(´;ω;`) ゴメンよ・・・・

ハナヒゲウツボの口元の白い物体は「食べカス」でしょうか???
まだまだ子供ですなぁ ┐('~`;)┌

コクハンアラは久々に見た気がします。
特別珍しい訳ではありませんが、まぁ居たよってことで。

Trimma sp.6 これはイマイチ分からないのですが、
 ベニハゼ属の1種『Trimma sp.6』かなぁと勝手に思ってます。
 どうでしょうか?
 ウチの図鑑ではしっくり来るハゼが見当たらないんですよね。。。。
 んで、ネットで調べて見たら上記が一番近そうだったんで。
 詳しい方、教えて下さい。 


まぁここまで写真が出てきてないってことは、また空振りと言うことです。

嫌われてるんですな。

気が向いたら、また探してみます。。。。。。。
2008.08.05(Tue)  ダイビングCOMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
8/2 砂辺
たまにゃ~気分を変えて砂辺で。

すっかり忘れかけていた「ナカモト君」に会いに。

一応瓶はある。

が、居ない。

どこ???

瓶の中も必死で探す。

居ない。( ̄Д ̄;;

知り合いのショップスタッフに聞いたところ、
ちょっとエコな外国人ダイバーの方が
「こんなところにゴミ(ナカモト君の家の瓶)があるのはけしからん!!」
ということで、お持ち帰りになられたとの事。。。((((((ノ゜⊿゜)ノ

ゴミ(ナカモト君入り)はきっとゴミ箱へ入れられるでしょう・・・・・・・

南無~。。。。。

真偽の程は定かではないが、ホントだとしたら人類史上初の

『ナカモトイロワケハゼをゴミ箱に捨てた人物』
として語り継がれることでしょう。。。。。┐('~`;)┌

じゃああの瓶はなんじゃ???


ま~気を取り直して

イッポンテグリ イッポンテグリの若魚です。
 もうちょっと小さいと非常にカワイイのだけど・・・・・
 遅かった・・・・・
 残念ス

オイランヨウジ オイランヨウジの若魚です。
 全長10cm位。
 とは言っても、大きさが小さい(細い)だけだから
 写真じゃ分からんと思いますが。。。

危険1   危険2

㊧の写真の中に魚が居るのが分かりますでしょうか?
㊨アップにしてみると分かりますか?
目と口が確認出来ると思います。
これは「サツマカサゴ」と思います。
背鰭などに【】を持っています。
要注意の魚です。が、こんな完璧な擬態されちゃ、気をつけようがないですね。。。
でも、気を付けて下さい!!

ホンソメワケベラyg  ハナミノカサゴ  プクプク

㊧から「ホンソメワケベラyg」「ハナミノカサゴ」「プクプク」です。
ハナミノカサゴは『ゴージャス』という言葉がピッタリきますね!
が、これも毒があるので触ってはイケマセン。

アカメハゼ1   アカメハゼ2

以前見た場所よりかなり近いトコでも「アカメハゼ」が居ましたッ!
しかも個体数が多い。(10匹位)
このまま増えて欲しいモンですな。

オニハゼ1  オニハゼ2  オニハゼ3

「オニハゼのペア」です。
このペアはありがたい事に全然逃げない。
㊨がオスで㊧がメスだと思われるが、オスは一回巣穴に引っ込んだがメスは堂々とこのまま。
他のハゼでもそうだが、先に巣穴に入るのは必ずオスが先。
オスはヘタレですなぁ(´・ω・`)

ニシキテッポウエビ  スザクサラサエビ  ミカヅキコモンエビ

㊧から「ニシキテッポウエビ」「スザクサラサエビ」「ミカヅキコモンエビ」です。多分。。。


ナカモト君は残念でしたが、満喫しました!

水温は浅場では風呂みたい。
3mmスーツで十分でしょう。

ハブクラゲが出てるらしいので、注意して下さいね~!!!【猛毒】です。
2008.08.04(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin