FC2ブログ
□  2010.11 □  10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
砂辺
先週末も天気が良かった沖縄。

近場のポイントへ。

ヤッシャー  クロユリハゼ属の1種-3  ヒメクロイトハゼyg
 ㊧ヤッシャー ㊥クロユリハゼ属の1種-3 ㊨ヒメクロイトハゼyg
 ヤシャハゼは何か久々に見たなぁ・・・

ミナミホタテウミヘビ  オニハゼ  ダイダイオオメワラスボ
 ㊧ミナミホタテウミヘビ ㊥オニハゼ ㊨ダイダイオオメワラスボ
 ミナミホタテウミヘビは移動もせず、同じ場所・同じ状態で居てくれます。
 近寄っても隠れもしない、丁度いい被写体です。

 オニハゼ・ダイダイオオメワラスボ 見習ってくれッ!!

 オニハゼ ⇒ 基本的に“超”シャイ。目が合った瞬間に帰宅される
 ダイダイ ⇒ 頼むから3秒ジッとしててくれ

ミナミハタタテダイ   ウコンハネガイ
 ㊧ミナミハタタテダイ ㊨ウコンハネガイ
 ウコンハネガイは、青白い光が稲妻のようにビビビビビビビビ~っと光ることで有名。
 その様は、幻想的でもありとてもキレー。
 が、自ら発光している訳ではなく、ダイバーのライトの光を反射しているだけですが。

ワカヨウジ   カザリイソギンチャクエビ
 ㊧ワカヨウジ ㊨カザリイソギンチャクエビ
 ワカヨウジは、ヨウジウオにしては大型の種。
 全長30cm程度あり、他のヨウジウオのようにヒョロヒョロと泳ぎ回る事も無い。
 動きはニョロニョロとノンビリ屋さん。

 カザリイソギンチャクエビは、小さい点々が非常にキレー!!
 ちゃんとシロとクロが交互になっており、細かい仕事が憎いヤツ。


 こんな感じの砂辺でした。
 水温は24.2℃と結構下がってきました。。。(´ヘ`;)
 5mm+ベストで潜りましたが、後半は寒い寒い。
 冬装備で潜った方が良いでせう。
 (・ω・)ノ
スポンサーサイト



2010.11.29(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
北部
ここ数日は、暖かな日が続く沖縄。

天気が良いので、ドライブがてら北部へ。

アッカメー  フタスジリュウキュウスズメダイ2  フタスジリュウキュウスズメダイ
 ㊧アッカメー ㊥㊨フタスジリュウキュウスズメダイ
 
 サンゴの陰には、チビっこがいっぱい隠れてます。
 カワイイっす(*´∀`*)

ケラマハナダイ♂   ケラマハナダイ♀
 ㊧ケラマハナダイ♂ ㊨ケラマハナダイ♀
 ケラマハナダイと思うんだけど。
 本島ビーチでは、あまり見ない種です。

ウメイロモドキ  イトマンクロユリハゼ  イソギンチャクモドキカクレエビ
 ㊧ウメイロモドキ ㊥イトマンクロユリハゼ ㊨イソギンチャクモドキカクレエビ
 イトマンクロユリハゼもそんなに多くない種。
 鰭を広げてくれたら、もっとキレーなんだけどなぁ~。。。

 イソギンチャク・・・は初見。
 親子でしょうか?
 親(?)はメタボ体型でイマイチ可愛さに欠ける。

ヒレナガカンパチ   ホシカイワリ1
 ㊧ヒレナガカンパチ ㊨ホシカイワリ
 
 砂地をウロウロしてると、突然アジの大群が全速力で突進してきた。
 その数、数千匹 Σ(゚Д゚;
 ボ~っと大群を見てると、背後からデカイのも突進してきた。
 それが

 獲物を前に、人間のコトなんざ完全に無視。
 おかげで、結構近くで見れました。
 全長は1m弱程度。
 アジにアタックする姿は迫力がありましたよ。


 青いのや黄色いのは見つけることが出来ませんでした・・・(ノ_・。)
 どこに居るんでしょう?

 水温は25℃。
 この日は気温が高かったので、5mmでOK!
 寒がりサンは+αで。
 (・ω・)ノ
2010.11.22(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ハゼ編です。
って程、大層なモンでもありませんけど。


緑がかった写真ばかりだったので、かなり色補正を行っております。

不自然な色合いでスンマセンです・・・・(´・ω・`)


シマオリハゼ2  シマオリハゼ3  シマオリハゼペア
 シマオリハゼです。
 本来は白い体色がとてもキレーなハゼなんですが。
 

フタホシタカノハハゼ  カスリハゼ  ツムギハゼペア
 ㊧フタホシタカノハハゼ ㊥カスリハゼ ㊨ツムギハゼペア かな?


クロオビハゼ  イトヒキハゼ属の1種-1  イトヒキハゼ属の1種-1とエビ
 ㊧クロオビハゼ ㊥㊨イトヒキハゼ属の1種-1とエビ 
 
 「イトヒキハゼ属の1種-1」は一番良く見掛ける。
 度胸があり、あまり逃げないと言うのもあるが。
 デカイ固体は15cm以上あるので、共生エビもデカイですな。

オトメハゼ妊娠中  アオハチハゼ  タンザクハゼ ペア
 ㊧妊娠中(?)のオトメハゼ ㊥アオハチハゼ ㊨タンザクハゼ ペア と思う。

 オトメハゼは、出産間近なのでしょ~か?
 かなりのポッコリ具合です。
 メタボな訳では無いと思う。

 アオハチハゼは意外にも初見でした。
 私の好きなアカハチハゼ同様、シンプルでキレーなハゼです。

 タンザクハゼの居るエリアは特に濁りが酷いトコなので、気付いた時には
 相手にも気付かれソッコーで帰宅される・・・(ノ_・。)
 撮れただけでも良かったです。なんとなく分かるし。
 いつかはキレーに撮ってみたいッス!


 あまり普段見られない種が多いので、楽しいですなぁ~
 これからの時期、イロイロ探してみたいと思います (・ω・)ノ
2010.11.12(Fri)  ダイビングCOMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
激濁り
すっかり御無沙汰してしまいました・・・

な~んか潜る気力が無くて・・・(´・ω・`)


が、「夏季休暇をさっさと消化しろッ!!」とのお達しが出たので、
平日にもかかわらず行って参りました。

確かにもう「夏」ではないので、当然ですな。
セミは鳴いてましたが。(゚д゚)  モウ11ガツダヨ・・・


相変わらずの北よりの風の為、北風に強いポイント。

平日だし、そんなに人も入ってないだろうから透明度はまだマシかも???
なんて淡い期待を胸にエントリーしてみたものの、3分後には玉砕しました。

いつにも増して汚ねぇ~ッス(ノ_・。)

なので、写真はほぼ緑っぽい感じに仕上がってます。


スミツキトノサマダイyg  ロクセンフエダイ  ウメイロモドキyg群れ
 ㊧スミツキトノサマダイyg ㊥ロクセンフエダイ ㊨ウメイロモドキyg群れ

 ウメイロの若魚の群れは、うまく撮れませんでした。。。
 実物はキレーなんですが、スンマセン。。。

 ロクセンも40匹くらい居たかなぁ

ミヤコイシモチ  ソリハシコモンエビ群れ  トウアカクマノミyg
 ㊧ミヤコイシモチ ㊥ソリハシコモンエビ群れ ㊨トウアカクマノミyg

 ミヤコイシモチは、白い体色が好きでいつも撮ってしまいます。

 トウアカのチビッコも久々に見れました。

タマン???   オキフエダイ
 ㊧タマン??? ㊨オキフエダイ

 オキフエダイは初見です。
 このポイントは、xxxフエダイのような魚がチョイチョイ見られます。
 西海岸では見たこと無いので、貴重なポイントです。


 ハゼもイロイロ撮ったのですが、また今度。

 水温は体感温度ですが、25℃台まで下がった気がする。(ダイコン忘れた(ノ∀`) )
 初5mmにしてみたが、それでも結構寒いッス。(潜水時間が長いせいもあるが)
 5mm+αが良いでせう。

 (・ω・)ノ
2010.11.11(Thu)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin