FC2ブログ
□  2011.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
更に砂辺
週末は、久々にいい天気となった沖縄。

真栄田でも・・・・と思ったが、【クローズ】となっている・・・・・・(´∩`。)

【安全第一】は分かりますが、ちょっと簡単にクローズにし過ぎではないかい?

困ったモンです。。。



んな訳で、三度の砂辺。

タツノハトコ  ヤツシハゼ.  シマオリハゼ
 ㊧ タツノハトコ  ㊥ ヤツシハゼ  ㊧ シマオリハゼ
 タツノハトコはまだ健在。
 細かい砂のせいで、益々発見困難な状況でした。
 発見まで10分程度要したと思う。

クサハゼ1  クサハゼ2  クサハゼ3
 ㊧ ㊥ ㊨  クサハゼ
1週間前には居なかったクサハゼが出現。
本種は、体色・鰭など大変美しい種なのですが、私が至らないばっかりに・・・・・・・

皆様には、このハゼの美しさがイマイチ伝わっていないのでは。。。(ノ_・。)

暫く居てくれるといいなぁ

クロスジイソハゼ  クロスズメダイyg  ナミスズメダイ
 ㊧ クロスジイソハゼ  ㊥ クロスズメダイyg  ㊨ ナミスズメダイ

ソラスズメダイ  ニセアカホシカクレエビ  キンセンイシモチyg
 ㊧ ソラスズメダイ  ㊥ ニセアカホシカクレエビ  ㊨ キンセンイシモチyg
スズメダイの正面顔はコワイ・・・・・・・・・(`へ´) ← こんな感じ
威嚇の意味でもあるのでしょうか???

フタスジハゼ???「フタスジハゼ」と思う。
浅場で岩めくりに勤しんでいたら、ズングリムックリした魚が
ピョコピョコっと動いた。
石の下に潜り込んだので、石をどかしたところを何とか1枚撮れた。
この後、すぐにまたどこかの石の下に潜り込んで消えてしまった。

初見でした。

今度見つけられたら、もうちょっとマシな写真を撮ってみたい。


この日の水温は水底で27.3℃。
5mmだと快適です。
(・ω・)ノ
スポンサーサイト



2011.10.25(Tue)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
今週も
最近、太陽を見たことが無いくらいの沖縄。

かなり涼しくなってきました。


また砂辺です。

ソラスズメダイ  ヒレナガスズメダイ+キンセンハゼ  ルリスズメダイ
 ㊧ ソラスズメダイ  ㊥ ヒレナガスズメダイ+キンセンハゼ  ㊨ ルリスズメダイ

 『青いお魚サン』2種です。
 いかにも熱帯魚っぽいですね~
 久し振りに撮ってみましたが、やはりキレーな魚です(・∀・)

タツノハトコ1  タツノハトコ2  タテヤマベラyg
 ㊧㊥ タツノハトコ  ㊨ タテヤマベラyg

 先週情報を貰ったけど、探しきれなかったコです。
 リベンジ出来ました~ ヽ(*´∀`)ノ
 場所は完全に分かっているんだけど、それでもかなり根気良く探さないと分かりません。
 発見まで10分程度掛かりました。

 砂と海草の茎と同化していて、全然分かりません((((((ノ゚⊿゚)ノ
 個人的には所謂「ピグミーシードラゴン」より発見難易度は高い気がする。

 ↑の2種類ともに初見でした。

カスリハゼ属の1種①  カスリハゼ属の1種②  オニハゼ
 ㊧㊥ カスリハゼ属の1種   ㊨ オニハゼ
 「カスリハゼ属の1種」は前回とは別固体で、2~3cm程度のチビ。
 このポイントでは、暫くすると居なくなっているパターンなので居ついて欲しいな~

ミツボシクロスズメダイyg  バブルコーラルシュリンプ  ナンヨウカイワリ
 ㊧ ミツボシクロスズメダイyg  ㊥バブルコーラルシュリンプ ㊨ ナンヨウカイワリ


こんな感じのノンビリとした海でした。

ダイバーが少ないッスね。
なんか寂しいです・・・・


水温は27.2℃だったと思う。(-10m付近)
5mmで快適ッ!
(・ω・)ノ
2011.10.18(Tue)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
砂辺
砂辺ッス。

この日は知り合いからイロイロ情報を仕入れたので、楽しみにしてエントリー。


ヤツシハゼ属の1種の6-1  ヤツシハゼ属の1種の6-2  シマオリハゼ
 ㊧㊥ ヤツシハゼ属の1種の6?  ㊨ シマオリハゼ と思う。

 ㊧㊥は、水中では「クサハゼ」かと思っていたが、写真を良く見ると体に黄色い横縞があった。
 そこでチョット調べてみたが、「ヤツシハゼ属の1種の6」じゃないかなぁと思う。

 ホバリングしてくれなかったので、今後は鰭全開のを狙ってみたい。

カスリハゼ属の1種  テンスyg  ネジリン
  ㊧ カスリハゼ属の1種  ㊥ テンスyg  ㊨ ネジリン
 教えて貰った生物を探しにウロウロするが、分からず・・・・・・・・・(´ヘ`;)
 代わりに↑のハゼや「カスリハゼ属の1種」と言った、「泥系」のハゼを久々に砂辺で見れた。

アケボノチョウチョウウオ  リュウグウベラギンポ  モンガラカワハギ
 ㊧ アケボノチョウチョウウオ  ㊥ リュウグウベラギンポ  ㊨ モンガラカワハギ
 砂地では、今年もリュウグウベラギンポがハーレムを形成中。
 まだ求愛行動は確認出来ませんでした。

ササハゼ  キンセンイシモチ  ジョー
 ㊧ ササハゼ  ㊥ キンセンイシモチ  ㊨ ジョーフィッシュ

 ジョーフィッシュは、キレーな黄色い固体が居ると聞いて、探し回ったが発見には至らず。。。
 が、小さくてカワイイ固体が見つかったんで、良かったけど(・∀・)


イロイロ教えて貰って潜ったワリには、いつもと変わらぬ感じになってしまった・・・・(´・ω・`)ショボーン
またまたセンス無いボク。


この日は、真栄田に潜った時より水温は下がり27℃丁度くらい。
3mmのみで行ったら、後半は結構寒かった。。。
次からは5mmにしようと決めました。
(・ω・)ノ
2011.10.07(Fri)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
真栄田
台風だったり、仕事だったりと気付けばもう10月・・・・・

早いモンです。
秋です。

セミは鳴いてますが。。。


そんな訳で真栄田。

ヤッシャーペア  グルクマー  アカネハゼ
 ㊧ ヤッシャーペア  ㊥ グルクマー ㊨ アカネハゼ
 ツバメ根付近では、「グルクン」や「グルクマー」「ウメイロモドキ」などが回遊中。
 何故かその内の1匹が突進してきたので、急いで撮ってみた。
 ハミ出てる・・・・・が、まぁしょーがない。

 アカネハゼはすっかり定住してくれそうな感じ。
 期待しましょう!

ニチリンダテハゼ1  ニチリンダテハゼ2  カスミアジ
 ㊧㊥ ニチリンダテハゼ   ㊨ カスミアジ
 久し振りにニチリン探しへ。
 ちゃんと居てくれましたぁ ∩(・ω・)∩
 が、ピントが・・・・・・・orz
 相変わらずセンス無いボク。
 とりあえず「まだ居た」と言うことで、そのうちリベンジします。

 カスミアジは 「 エッ (;゚д゚) 」 って感じの表情がお気に入りです。

クロハコフグyg  デバスズメダイ  タキゲンロクダイ
 ㊧ クロハコフグyg  ㊥ デバスズメダイ  ㊨ タキゲンロクダイ

キンチャクガニ   キハッソクyg(木八束)
 ㊧ キンチャクガニ   ㊨ キハッソクyg
 見慣れぬ魚が居たので、とりあえず撮影。
 調べてみたら、多分「キハッソクの幼魚」と思われる。

 この固体より小さいときは、背鰭の第2棘と第3棘が糸状に長く伸び、
 その長さは体長の数倍にもなる。
 (何の為にあるのかは分かりません・・・・)

 成長に伴い、糸状の背鰭は無くなるとこコト。
 大きさからするとチョット前までは糸状の背鰭があったと思われるので、
 見てみたかったなぁ。。。


死骸 【※微グロ注意※】
 魚の死骸と思われる画像です。

 苦手な方はスルーでッ!!!!
 体長1.5m程度でしょうか。
 多分サメの死骸と思われる。
 他の魚やエビ・カニ類なども周辺におらず、もう食べ尽くした後かもしれません。
 何か「肉」と言うよりは「繊維」っぽかったんで。



陸上も曇ると涼しいと感じるこの頃。
水温は27.5℃とかなり下がってきましたね。
この日は3mmで何とかガンバリましたが、寒がりサンは5mmの方が良いでせう。
(・ω・)ノ
2011.10.03(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin