FC2ブログ
□  2014.09 □  08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
砂辺
また砂辺へ。

沖縄も風向きが北に変わり、すっかり秋っぽくなってきた。

が、連日30℃以上あるし、蝉も鳴きまくっているんだが。

北風になると、すぐに有名がポイント閉鎖するので困ります・・・・・ヽ(`Д´)ノ


テンス幼魚  ツマジロオコゼ(幼魚)1  ツマジロオコゼ(幼魚)2
 ㊧ テンス幼魚  ㊥ ㊨ ツマジロオコゼ(幼魚)
 秋らしい魚達。
 色味が完全に秋ですな。
 砂地をヒラヒラ&ユラユラしてる。

カミソリウオ(ペア)  カミソリウオ  ミナミホタテウミヘビ?
 ㊧ ㊥ カミソリウオ ㊨ ミナミホタテウミヘビ?
 これまた秋っぽくて、ユラユラしてるカミソリウオ。

ヤツシハゼ(ペア)  シマオリハゼ  ハチマキダテハゼ
 ㊧ ヤツシハゼ(ペア)  ㊥ シマオリハゼ  ㊨ ハチマキダテハゼ
 更に泥系ハゼが増えてましたよ。
 個人的には嬉しいッス!

なんちゃらハゼ?幼魚  ナミスズメダイ  クロメガネスズメダイ(幼魚)
 ㊧ なんちゃらハゼ?幼魚  ㊥ ナミスズメダイ  ㊨ クロメガネスズメダイ幼魚
 ㊧はハゼの幼魚かなぁなんて思いながら撮ったんだが、よく見ると先日成魚を撮った
 「リュウグウベラギンポ」のような気もする。
 顔の感じなんてそのままなような・・・・(・ω・)?

イソコンペイトウガニ(ペア)   チョウチョウコショウダイ幼魚
 ㊧ イソコンペイトウガニ(ペア?)   ㊨ チョウチョウコショウダイ幼魚
 イソコンは2匹だったんだね。
 全然気が付かなかった。
 ペアで増えてくれるといいなぁ(・∀・) オス同士かもしれんが・・・・(´・ω・`)

 チョウチョウコショウダイ幼魚は久々に見たッ!
 岩陰などで、ず~~ッとクネクネしており止まることは無い。
 なので、撮るときにはピンボケ量産を覚悟して撮らなければならない。

 と、こんな感じなのだが、先日撮った「謎のタコ」はやはり「ミミックオクトパス」では?
 との話があるらしく、まだ居るか探してきてくれと頼まれ行ってきたのだ。

 結果は「もう居ない」ッス。。。。(´∩`。)
 それなりに広範囲探したつもりだが、周辺に居る可能性も高いし、
 そのうち出てくるといいな。


 水温は29.0℃。
 3mmでも余裕だが、気持ち下がってきたね。
 (・ω・)ノ
スポンサーサイト



2014.09.30(Tue)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
砂辺
連休でしたが、イマイチ乗り気ではなかったので1日だけ海へ。

砂辺です。

本日もカメラ慣れの為、ひたすら撮りました。
本日の設定は、1/800秒。

カミソリウオ  ヒレナガネジリンボウ  ホシヨウジ?
 ㊧ カミソリウオ  ㊥ ヒレナガネジリンボウ  ㊨ ホシヨウジ?
秋の気配を感じる頃になるとどこからとなく流されてくるカミソリウオ。
チェーンの沖5m程度のトコでユラユラしてたが、あまり気が付いてる人はいないかも。

クサハゼ1  クサハゼ2  クサハゼ3
クサハゼです。
先日潜った時より個体数が増えてた。
特にチビちゃん(3cm程度)のコロニーが出来てた (*´∀`*)
増えてくれると嬉しい。

なんちゃらタコ  ヤツシハゼ  カスリハゼ
 ㊧ なんちゃらタコ  ㊥ ヤツシハゼ  ㊨ カスリハゼ
砂地を捜索中、ミナミホタテウミヘビのように砂地から何かがちょっとだけ出ている。
慎重に近づくと、どうやら「タコ」っぽい。
「砂地のタコ」ってことで「ミミック」か?と思い、暫く観察したがどうやら違うようだ。
(目周辺しか見えないし根拠無いけど)
このポイントでは、砂に潜るタコは初見だった。

先日「カスリハゼ属の一種」と書いた㊨のは「カスリハゼ」と思われる。
テキトーに書いてスミマセン。。。

カクレクマノミ  アカヒメジ  お魚さん達
 ㊧ カクレクマノミ  ㊥ アカヒメジ  ㊨ ハマクマノミと仲間達
海中で見るともっとキレーなんだが。。。(´;ω;`)

イソコンペイトウガニ(正面)  イソコンペイトウガニ2  コシオリエビ?
 ㊧ ㊥ イソコンペイトウガニ   ㊨ コシオリエビの仲間かな?

クマノミyg  スケロクウミタケハゼ?  キンチャクガニ
 ㊧ クマノミのチビ  ㊥ スケロクウミタケハゼ?  ㊨ キンチャクガニ

リュウキュウハナハゼ  ヨコシマクロダイyg  リュウグウベラギンポ?
 ㊧ リュウキュウハナハゼ  ㊥ ヨコシマクロダイ幼魚  ㊨ リュウグウベラギンポかなぁ?
 リュウキュウハナハゼはそのヘンにいっぱい居るが、
 ビシッとした写真が撮れない。。。(´・ω・`)

 リュウグウベラギンポは、ハーレムを作る魚。
 求愛時のオスは非常に美しいが、その一瞬を捉えるのは至難の業。

ミカヅキコモンエビyg  クロメガネスズメダイ  ミナミフトスジイシモチ
 ㊧ ミカヅキコモンエビ  ㊥ クロメガネスズメダイ  ㊨ ミナミフトスジイシモチ
 ミナミフトスジイシモチの二匹は求愛行動なのか喧嘩なのか、しばしば突っつきあっていた。

こんな感じで被写体いっぱいの楽しい潜りとなった ヽ(*´∀`)ノ

電池残量を気にせず、撮りまくれるというのは素晴らしいですな。


水温は-20mは28℃台で、浅場はまだ29℃台をキープ。
(・ω・)ノ
2014.09.16(Tue)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
真栄田
「代休をさっさと消化しなさい」

との声が天から舞い降りてきたので、平日に海へ。

夏休みが終わった直後だったので、空いてるかなぁなんて思って行ったらとんでもない。

駐車場は満車状態だった。。。

大学生はまだまだ休みだしね。

ホタテツノハゼ1  ホタテツノハゼ2  ホタテツノハゼ3
 とりあえずの「ホタテツノハゼ」だ。
 珍しくペアで居てくれた。

 ホーシューの時は、深場のハゼ撮影では青被りしまくってしまったので、
 ちょっとだけ学習し、この日は「シャッタースピード優先モード」にて撮影。

 どれくらいがいいのか分からんので、とりあえず1/400秒と1/640秒 にて撮影した。
 ↑の写真は、1/640秒。

 青被りは少なくなってきたが、まだ気になるレベル。
 次は、更にシャッタースピードを早くして撮ってみよう。

ヒレナガネジリンボウyg  ヒレナガネジリンボウyg2  スズメダイ幼魚
 ㊧ ㊥ ヒレナガネジリンボウ   ㊨ なんちゃらスズメダイ幼魚
 このネジリンは小さいッ!!
 1cm程度と思われる。
 カワイイっすなぁ (*´ェ`*)
 こんなチビっこなので、生意気にもペアになっていて共生エビも居る。
 こちらは1/400秒で撮ったモノ。 青いなぁ・・・・・

スミレヤッコ  ナミスズメダイ  ルリヤッコ
 ㊧ スミレヤッコ  ㊥ ナミスズメダイ  ㊨ ルリヤッコ

ハナゴイ  ハナゴイ2  キンギョハナダイ
 ㊧ ㊥ ハナゴイ   ㊨ キンギョハナダイ
例年数匹は現れるハナゴイだが、1匹だけまだ居てくれた。
居ついてくれんかね(・ω・)?

オドリハゼ  コクテンフグ  セナキルリスズメダイ
 ㊧ オドリハゼ  ㊥ コクテンフグ  ㊨ セナキルリスズメダイ
オドリハゼは久々に見た。
この個体の周辺にもハゼ穴らしき穴がいっぱいあったので、
オドリハゼコロニーになってるかもしれん。

コブブダイ   テングカワハギ
 ㊧ コブブダイ   ㊨ テングカワハギ
このコブブダイと言う魚。
真栄田ではチョイチョイ見かける魚なのだが、実は稀少種らしい。。。Σ(゚Д゚;

遠目で見ると、メガネモチノウオのチビに似てなくも無い。
なので近寄ってみると、この魚でガッカリなんてことも。

大変失礼致しました。m(_ _)m

ちなみに白い煙のようなモノは排泄物です。。。


こんなまだまだ修行中な真栄田でした。

水温は29℃台をキープ。
(・ω・)ノ
2014.09.04(Thu)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ホーシュー
週末はホーシューへ。

サンゴ   サンゴ白化
 サンゴは結構元気ッ!
 が、一部白化しているものもチラホラと。

スジクロユリハゼ  ハタタテシノビハゼ  オキナワサンゴアマダイ
 ㊧ スジクロユリハゼ  ㊥ ハタタテシノビハゼ  ㊨ オキナワサンゴアマダイ
 久々に深場まで行ってみた。
 どーしても青被りしてしまう・・・・・(´・ω・`)
 何かいい撮り方ないのかな。
 オートだと、基本、露出オーバーで撮れてしまうし、ハウジングに入れると
 シャッタースピードと露出変えられないし。。。
 困ったモンだ ┐('~`;)┌

コマチテッポウエビ?  アミメカエルウオ  ガラスハゼ
 ㊧ コマチテッポウエビ?  ㊥ アミメカエルウオ?  ㊨ ガラスハゼ

カガミチョウチョウウオ  ヤリカタギyg  ハナグロチョウチョウウオ
 ㊧ カガミチョウチョウウオ  ㊥ ヤリカタギ幼魚  ㊨ ハナグロチョウチョウウオ

スミレナガハナダイ  モンガラカワハギ  ハナゴンベ
 ㊧ スミレナガハナダイ  ㊥ モンガラカワハギ  ㊨ ハナゴンベ
 もっと光量は欲しいトコですな。

セダカギンポ   ホシゾラワラエビ
 ㊧ セダカギンポ   ㊨ ホシゾラワラエビ

アケボノとピグミーは発見出来ず・・・・・
あの体に優しい深度に居たアケボノ君はどこかに旅立ってしまったのでしょうか?

と、色んな状況で一通り撮ってみたんだが、イマイチしっくりくる写真が撮れん (´∩`。)
もっと精進せねば。

水温は深場だと27℃台だが、浅場はやはり29℃台。
3mmで十分。
(・ω・)ノ
2014.09.01(Mon)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin