FC2ブログ
□  2020.09 □  08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
3/21 またまた砂辺。。。
3/21も、またまた砂辺に行ってきた。
他のポイントも行きたいトコロなのだが、真栄田は工事中だし、まだ風が北向きなので、どうしても砂辺が多くなってしまうなぁ。。。
まぁじっくり魚を鑑賞出来るンで、楽しいけど

キンセンイシモチ

はキンセンイシモチ
岩陰や穴の中にひっそりといる。どこにでもいるので写真を撮ったコトは無かったのだが、写真を見てビックリ

背鰭と尾鰭がほんのり桜色をしてるッ!!!う~ん。美しい新たな発見だ。


ムラサキウミコチョウ

はムラサキウミコチョウ。
非常にキレイなウミウシである。
珍しく遊泳(浮遊?)していたトコロ。
ボケボケで、このウミウシの美しさを全く伝えられなく申し訳無いッス
精進します。

ニシキテッポウエビ

はニシキテッポウエビ。
共生ハゼであるダテハゼと共生するエビ。
共生ハゼってのは、テッポウエビの巣穴に棲んでて、巣穴の周りに危険が迫っていないか監視している。危険が迫ると巣穴の主であるエビに危険を教えて両方巣穴にピュッと入り、お互いの身を守る。
ハゼが監視中はエビは遊んでいるのではなく、せっせと巣穴の改修工事(巣穴の砂を掻き出し)をしている。
このような関係を『共生』という。
力を合わせて生き残っているんだねぇ

水温は21.5℃
透明度は8~10mくらい。
5mm+フードベストがよろしいかと。
2007.03.22(Thu)  ダイビングCOMMENT(1)TRACKBACK(0)TOP
コメント

キンセンイシモチですか〜。なんでもない魚も写真にすると面白いんですよね。
自分はサラサハゼなんかも好きです。
黄と黒の縞々だけど思いきや、ヒレを広げたときの模様に赤が入っていて、けっこうきれいです。
うみごりら 2007.03.22(木) 23:56 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin