□  2018.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
捜索
マクロレンズを落としてしまった翌日も、同ポイントにてレンズ捜索 (´・ω・`)

前日からの南風で、エライこと透明度が悪い。

コンパスだけが頼り。

前日のコースを辿るように進むが、何しろ見えない・・・

唯一の目標物となるムチヤギが見つからないし・・・


スカシテンジクダイ?1   スカシテンジクダイ?2
 これは「スカシテンジクダイ?」
 図鑑やらネットで調べてみたけど、イマイチ分からん。
 そもそも㊧と㊨は同じ種??? 別種っぽいけど。
 ㊨はスミツキアトヒキテンジクダイっぽい気もするし・・・
 ㊧はウスモモテンジクダイのような気も・・・
 ウスモモやスカシテンジクダイだと、尾鰭の上下に黒模様があるはずなのだが
 この固体には見られない。
 何でしょ???

イトヒキハゼ属の1種-1  ニュウドウダテハゼ  ヤツシハゼ
 ㊧「イトヒキハゼ属の1種-1」 ㊥「ニュウドウダテハゼ」 ㊨「ヤツシハゼ」
 ㊧と㊥は似ているが、イトヒキハゼ属の1種-1は第一背鰭の前方に
 黒模様があることで識別可能。

ツムギハゼ  The カエルアマダイ  イッポンテグリ
 ㊧「ツムギハゼ」 ㊥「The カエルアマダイ」 ㊨「イッポンテグリ」 
 ツミギハゼは皮膚や筋肉に毒を持っており、猛毒で知られるフグの毒と同じ成分
 「テトロドトキシン」であるらしい。Σ(゚Д゚;
 『美味しそう』とは思えないハゼだけど、「食べるな危険」てトコでしょうか。

 カエルアマダイはネットで調べてみたところ、『The カエルアマダイ』とのことらしい。
 普段見る黄色や黒の「ジョーフィッシュ」の本家と言うことか。
 顔の「ボテっと感」が愛らしい (*´∀`*)
 Exit前に見つけてしまったんで、寒くて寒くてテキトーに撮ってしまった。。。
 今度見つけたら、ちゃんと撮ろーっと。

タンザクハゼ これは『タンザクハゼ』 と思う。ちなみに初見。
 透明度1.5m程度しかない中、突然現れた。
 急いでカメラを向けるが、ピントが合っているのかすら分からない。
 なので、祈りながらひたすらシャッターを押すのみ。
 結果、このザマです・・・・(´∩`。)
 このハゼはフラッシュの光に敏感で、光った瞬間に巣穴へ猛ダッシュで帰宅してしまう。
 1固体1チャンスの魚です。

 この日6固体くらい見かけたので、その場所に行くといっぱい居そうな感じ。
 気が向いたら、リベンジします!


 んで、結局レンズは見つからず・・・・・・・(ノ_・。)
 自業自得ですが、悲しいッス・・・


 この日も70分x2だったので、寒い寒い。
 21.3℃でした。

 引き続き、レンズ情報もお待ちしております m(_ _)m
 んじゃ (・ω・)ノ
2010.03.18(Thu)  ダイビングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。