□  2018.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

うーまくー

Author:うーまくー
沖縄のビーチダイビングをメインとしたダイビングLogや出来事を垂れ流すブログです

最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
神の島
ちょっと前の話(9月後半)になりますが、相方と『久高島』に行ってきましたのでその様子を。


久高島は、沖縄本島の南部にある知念から東に5km程の海上にある、
周囲約8kmの北東から南西方向にかけて細長い平坦な島。

ちなみに島内の最高標高は、17.44m。
歩いた感じは、「ほぼ平ら」です。


南城市知念にある「安座真(あざま)港」から高速船で15分程度。
大人片道740円なり。(往復だとちょっとお得な1,410円(*´∀`*)  )


ニューくだかⅡ 安座真港に停泊中の「ニューくだかⅡ」
 これに乗り込み、いざ島へッ!!

久高島到着 「あッ」と言う間に到着です。
 久高島の徳仁港近くの待ち合い公園から。


観光客の島での交通手段は、貸し自転車or徒歩。

私は以前にもこの島を訪れたことがあり、その時は自転車で島内を回ったのだが
1時間程度で一周出来てしまったので、今度は徒歩で回ってみることに。
(貸し自転車屋さんは、2軒程有り)

ピザ浜からカベール岬側 まずは「ピザ浜」から島の北東端を撮影。
 遠くに見える岬を目指して歩きます。


伊敷浜 お隣の「伊敷浜」です。
 ここはその昔、五穀の種の入った黄金の壷が流れ着き、
 ここから穀物が琉球全体に広まったと言われる場所。
 今でも祭祀の場として極めて神聖な場所として使用されている。
 その為、遊泳(シュノーケル)などは慎んだ方が良いでしょう!!


カベール植物群落 道の両側が「カベールの植物群落」です。
 ここは沖縄県の天然記念物に指定されているそうです。
 (と同時に聖域)
 久高島は、昔「クバ島」と呼ばれており、神がこのクバの木を伝って
 降りてくるという言い伝えがあるらしい。
 今でも島の神事の際は、ここでとったクバの葉が使われるとの事。
 ここからは草木1本採ることは許されんとされる。


 植物群落を抜けると、カベール(神の原)岬へと出る。

カベール岬から津堅島 これは「カベール岬から津堅島」方面を見たトコ。
 ここは琉球開闢の祖「アマミキヨ」が降り立ったとされる地であり、
 当然聖地。
 壬の日には神様がこの岬に白馬に乗って降り立ち、
 そのまま島の周りを巡視すると伝えられているそうだ。
 写真左上が津堅島と思われる。


 この先は海なので、来た道を戻る。
 しばらく戻るとY字路になるので右側の道を選択。
 すぐに農業用水用の貯め池があるので、そこを更に右へ。

ロマンスロードビーチ 「ロマンスロードビーチ」です。
 非常に綺麗で穏やか。
 誰も居ない。何もしない。波の音しか聞こえない。
 と言う贅沢が味わえます。


 が、たまたま沖の方を「ジェットスキー」が爆走しておりました・・・・(ノ_・。)
 まぁそんなこともありますわな。

ちなみにビーチへの入り口の階段はこんな感じ。
ロマンスロードビーチ入り口階段 気を付けて降りて下され。



ロマンスロード東屋 すぐ近くの東屋(休憩所)からの眺めです。
 360°素晴らしい海に囲まれた島です(*´∀`*)



ハイビ   バナナ




 琉球開闢の祖アマミキヨがニライカナイよりこの島に降り立ち、
 琉球を創ったと言われております。

 島全体が聖地のようなものであり、御嶽(うたき)・拝み所(うがんじゅ)・井戸(かー)など
 が至る所にあります。

 沖縄七御嶽(うたき)の1つである「クボー御嶽」は、久高島最高の聖地であり、
 男子禁制であるため、入り口からちょっと覗いただけでした。(現在は一般女性も禁止)

 まさしく「神の島」であるので、
 ※ 島の外から持ち込んだモノは全て持ち帰る
 ※ 島のモノは何も持ち出さない(石や植物など)
 ※ 自然や拝み所に触れない
 ※ 明らかに「道」となっている場所以外には立ち入らない

 と言う心構えで行った方がいいと思われます。

 最近(?)流行の『パワースポット・・・』なるものとこの島の自然や御嶽は
 異なるような気がします。(※あくまで個人的見解です)

 3時間チョイで島を一周し、帰りは
フェリーくだか この「フェリーくだか」で本島へ。
 約20分の船旅です。
 正直、暑いし、足も痛いしで
 「エアコンの効いた船内」はサイコーでしたッ!!ヽ(*´∀`)ノ


ちなみに、港付近の集落以外にはコンビニ・自販機・公衆トイレ・水道何もありません。
行かれる方は、前もって準備を忘れずに!!

興味がある方は、「ちゃんとした」サイトなどで情報収集してから行った方がいいと思います。

んじゃまた。
2010.10.15(Fri)  沖縄COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。